オリオンをなぞりたい人のブログ

オリオンをなぞりたいとは思うけど僕は僕のままでありたい。 というかマサイ族に混ざって一生ピョンピョン跳ねていたい。 あわよくば千の風になってあの大きな空を吹き渡っていたい。 そう思います。

やはりプレゼンはユーモアだけではやっていけないという話

歴史は繰り返される‥。

という言葉をよく耳にしますが私は長年、この言葉について疑問を抱いていました。

歴史を作るのは私たち人間であり

そして人間は本来、学習する生き物です。

 

 我々、人類には過去の過ちを過ちとして認め、それを繰り返さないようにするための学習能力があります。

その結果、人類は現代の高度な文明を築き上げることに成功しました。

 

それなのに何故、人類は歴史を繰り返すのか?核兵器の悲惨さと残虐性を知りながら何故未だに核開発は終わりを見せないのか?

 

人間は地球上で最も知能の高い生き物。

しかし時として人間は地球上で最も愚かな生き物でもあります。

 

私もまた、その一人です。

 

あの日の記憶
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094146j:image

私の最近の失敗としてはインターンシップにおいて行ったプレゼンテーション。

詳しくは下の記事にて長ったらしく書いているので読んでいない方は是非、読んでください。

iwannagohigher.hatenablog.com

 

 

私は過ちを犯しました。

インターンシップ先のプレゼンテーションにて適当にやり過ぎてクソみたいなプレゼンをしてしまいました。

 

私はあの日の失敗を繰り返さない。そう思っていました。

 

表面下のプレッシャー
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094258j:image

先日、学校でインターンシップの報告会がありました。

内容はパワーポイントで資料を作り3分程度の発表をするといったもの。

私はあの日の過ちを忘れることなかれと、立派なパワーポイントの資料を作り上げてやろうと思いました。

 

しかしノートパソコンの前に腰を下ろしたとき。

パワーポイントのアイコンをクリックしたとき。

あの日、クソみたいなパワーポイントの資料を作ったときの記憶が甦りました。
f:id:I_wanna_go_higher:20161026100947j:image

そしてあの日のように

「皆は俺のユーモアの溢れたプレゼンを期待している」

という変な被害妄想を抱いてしまいました。

 

思えばいつもそうです。

私が前に立って話すときも「アイツは何かするだろう」という期待を聴衆から受けているような気がしてしまいます。

 

その自分自身で作り上げたプレッシャーによっていつも押し潰されて

結局、私は聴衆の前でまとな発言をした事がありません。

 

そして私は今回もその呪いを断ち切ることができませんでした。

 

そして歴史は繰り返される
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094313j:image

私は早速、作業に取りかかりました。

しかし前回みたいな内容とは全く関係ない画像を貼り付けるのはマンネリ感があったので

 

インターネットのフリー素材と私の写真を組み合わせたクソコラを作りました。

 

私はインターンシップ先で写真を全く撮っておらず「こりゃ丁度いいや」という事で

クソコラを作りまくりました。

 

現場実習の様子1
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094349j:image

現場実習の様子2
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094423j:image

現場実習の様子3
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094458j:image

エジプトのピラミッドと
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094532j:image

ニューヨークの路上にて
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094611j:image

アポロ11号と月面にて
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094544j:image

1996年のシカゴ・ブルズ
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094628j:image

誕生したビーナスとツーショット
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094642j:image

パリ郊外にて(自撮り風)
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094650j:image

 

こんな感じで腐るほどクソコラを作って

こんな感じで貼り付けました。
f:id:I_wanna_go_higher:20161026151447j:image

なかなかいい出来だと思っていました。

コレで私はインターンシップ報告会に望みました。

 

結果は

 

笑いをとれました。

 

幸いにも聴衆はクラスメイトで

私のユーモアをしっかり理解してくれている方々だったので助かりました。

 

だがしかし

これがもしあのインターンシップの場であったら本当に笑いをとれたのだろうか?

あの日の自分はこのクソプレゼンを見て何を思うのだろうか?

 

そう考えると恐ろしいほど空虚な気持ちになりました。

まるで深い樹海の中に一人取り残されたような、そんな気分になりました。
f:id:I_wanna_go_higher:20161026094721j:image

 

そこで私は悟りました。

「あぁ俺はもうこの呪縛から逃れられない」と。

多分、私はまた聴衆の前でプレゼンをする機会があると思います。

 

その度に私はクソみたいなプレゼンをすると思います。

しかしそれはもう仕方が無いことです。

 

私はこれからも見栄を張りながら生きていきていく事にしました。

 


f:id:I_wanna_go_higher:20161026100444j:image

 

まとめ

  • 歴史は繰り返される
  • 俺は生きてる、イキテルゥゥゥ!!!
  • 南寮5階のウォシュレットは冷たい