読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリオンをなぞりたい人のブログ

オリオンをなぞりたいとは思うけど僕は僕のままでありたい。 というかマサイ族に混ざって一生ピョンピョン跳ねていたい。 あわよくば千の風になってあの大きな空を吹き渡っていたい。 そう思います。

喋った事もない後輩に恩返しがしたかったので大量の割り箸をプレゼントしてみた

「やられたらやり返す、倍返しだ」

というフレーズが何年か前に流行りましたね。半沢直樹自体は見たこと無いのですがフレーズだけは知ってます。

半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX

半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX

 

 

私の友人も半沢直樹見たことないくせに発狂しながら土下座してました。

 

話が逸れましたね。

先日、私は喋ったこともない後輩に「倍返し」をしました。

 

そこにはこんな経緯がありました。

 

クラブバザーでの出来事
f:id:I_wanna_go_higher:20161107112350j:image

学校の文化的イベントにおいてクラブバザーを行いました。

私の所属しているバレーボール部はハッシュドポテトを販売する予定でした。

しかし度重なる機械の不具合、売れ行き不振により

冷凍していたハッシュドポテトは溶けて形を留めずグチャグチャになってしまいました。

 

「これはヤバイ‥」

誰しもそう思ったときでした。

私はふと思いつき後輩の部員に対してこう言い放ちました。

「よし、お前ら。これはハッシュドポテトじゃねぇ、スクランブルポテトだ。これからはスクランブルポテトで売るぞ」

 

なんとグチャグチャのハッシュドポテトをオーブンレンジで焼いてそれを皿に移しケチャップとマスタードをかけるだけという斬新な料理を提供しろと言ったのです。
f:id:I_wanna_go_higher:20161107112404j:image

販売した当初は売れていなかったスクランブルポテトも徐々に買う人が増え、

「見た目は良くないけど味は美味い。あとボリュームもそこそこある」

という点がウケてリピーターを中心にバカ売れしました。

 

相変わらず自分の発想の豊かさに驚きましたが

その私のアイデアを現実のものとして確立させるために試行錯誤を重ね、スクランブルポテトという1つのスタイルを確立させた

優秀な後輩たちこそが一番の成功の要因だったと思います。

 

しかし完売を目前にしてまたもアクシデントが発生しました。

それは当初、ハッシュドポテトで販売する予定だったので

割りばしを用意していなかったのです。

 

後輩たちが自分の部屋から割りばし大量に持って来てはいましたが限界がありました。

 

完売目前、割りばしが枯渇してスクランブルポテトを出せなくなり

「今度こそもう駄目だ‥」

そう思ったときでした。


f:id:I_wanna_go_higher:20161107113517j:image

1年生の後輩が大量の割りばしを持ってきたのです。

 

「お前、割りばし使いきったんじゃ‥?」

と言うと後輩は友人の部屋から許可を得て持ってきたようで

無事、完売することができました。

 

かくして私たちのクラブバザーは

割りばしを貸してくれた見知らぬ後輩の手によって大成功を納めました。

 

クソブロガーの恩返し

f:id:I_wanna_go_higher:20161107110123p:plain

 皆の健闘により無事、成功したクラブバザーの後、私はその割りばしを貸してくれた見知らぬ後輩に恩返しがしたいと思いました。

 

私は70膳入りの割りばしを2つ買って借りを返そうとしました。

見知らぬ後輩の部屋に割りばしを持って訪れてみると誰も居なくて

また来るのも面倒くさかったので近くの後輩に頼んで渡してもらいました。

 

しかし後々考えてみるとこの行動の愚かさに気付きました。

 

彼は仮にも私たちのクラブバザーを成功させた立役者の一人です。

彼の功績無くしてこの逸話を語ることは許されません。

 

そんな偉大なる彼に私は感謝の言葉1つかけずに

また割りばし140膳という微妙な本数を与えてしまいました。

 

後悔しました。 

f:id:I_wanna_go_higher:20161011153259j:plain

 私は自分を責め続け自暴自棄になってしまいました。

自問自答を繰返し眠れない夜もありました。

そして私は自分探しの旅に出ました。

 

インターンシップ先でクソプレゼンしたり
iwannagohigher.hatenablog.com

 

シンガポールでJKに笑われたり

iwannagohigher.hatenablog.com

 

実家で妹の自由研究を台無しにしたりしました。

iwannagohigher.hatenablog.com

 

そして私はまだ旅の途中です。

 

それと同時に思いました。

 

私は部活のキャプテンとして

そして寮長として

また一人の人間として

直接彼の部屋に訪れようと。

 

追加の割りばしを買う
f:id:I_wanna_go_higher:20161107112420j:image

追加の割りばしを買いました。

昔、小学校の先生が「恩は10倍にして返せ」と言っていたのを思い出しました。

 

見知らぬ後輩から借りた割りばしは多くても、40~50膳くらいだったので

 

この小学校の先生の理論からいくと

50膳 × 10倍 = 500膳

の割りばしが必要になるわけです。

 

もうすでに140膳は返してあるので追加で360膳の割りばしを買いました。
f:id:I_wanna_go_higher:20161102204240j:image

(もはや木材)

 

ちなみに70膳の割りばしを5パック買ったので350膳。残りの10膳は適当につけ足しました。

 

そして割りばし360膳を抱えながら見知らぬ後輩の部屋へ向かいました。

 

未知との遭遇
f:id:I_wanna_go_higher:20161107112428j:image

コンコン(ノックする音)

 

ガチャ(ドアを開ける音)

 

私「こんばんわ~○○くん居る?」

 

後輩「あ、僕です」

 

私「ごめん、割りばし貸してくれてありがとね!これ気持ちだけだけど」

 

ゴソッ(大量の割りばしを渡す音)

 

後輩「???あの‥昨日貰ったんですけど‥。」

 

私「いやいや!本当に助かったから!ありがとう!!!」

 

グイッ(無理やり大量の割りばしを押し付ける音)

 

後輩「いやいや、もう十分でs‥」

 

私「ホントにありがとう!!!」

 

後輩「‥あ、有難うございます‥。」

 

私「じゃあね!」

 

ちなみにその時の画像です。
f:id:I_wanna_go_higher:20161102204215j:image

見知らぬ後輩は困惑しきってました。

自分がもし一年生の頃にいきなり部屋に寮長が来て大量の割りばしを押し付けてきたら

間違いなく泣いていたと思います。

 

 

実はこの時、私自身も困惑していました。

私は見知らぬ後輩の部屋を開ける前

「環境問題が取りざたされているこのご時世、割りばしを使ってるやつなんてクソみたいな性格してんだろうな」
f:id:I_wanna_go_higher:20161107112447j:image

という勝手なイメージがありました。

こんな顔してんだろうなと思ってました。
f:id:I_wanna_go_higher:20161107112515j:image

しかし部屋を開けるとそこには好青年な感じの雰囲気を出している彼の姿がありました。

そして驚くほど礼儀正しくていい子でした。

 

勝手に変なイメージ作っててごめんなさい。

それと500膳の割りばしは遠慮なく使ってね。

多分、寮にいる間毎日使っても2年間はもつと思うよ。